認定ロゴ地球学校-HOME コラム団体概要お問合せEnglish

地球学校ブログ かなチャリ富士 かにゃお
  団体・事業概要  

【団体概要

 名称  特定非営利活動法人 地球学校
 代表者  丸山 伊津紀 (理事長)
 事務所(登記) 〒247−0007 神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1−2−1       地球市民かながわプラザ NPOなどのための事務室内
 URL  http://www.chikyu-gakko.org/
 ブログ  http://blog.canpan.info/chikyu-gakko/
 E-mail  daihyo@chikyu-gakko.org
 設立(年月日)  2001年 9月20日 法人取得
 2012年7月17日 神奈川県指定NPO取得
 2013年3月15日 認定NPO取得(横浜市市活指令第505号)
 事業内容  「日本語教室」「地球っ子教室」「多文化交流」

【事業概要】

●日本語教室

ボランティア日本語教室は"無料"という常識を破って、
ボランティアでも"有料"の日本語教室を運営しています。

学習者に寄り添いつつ、
プロの日本語教師としての自負と誇りを持って、
良質なレッスンをしたいという願いからです。
一般的な日本語学校とも違い、
無料のボランティア教室とも違う、
第3の道を自分たちの手でという努力を重ねています。

時間的、経済的に日本語学校に通うのは無理
という仕事を持つ人や、自分に合ったスタイルや内容で勉強したいという人々に支持されています。

ボタンプライベートレッスン、
ボタンクラスレッスン、
ボタン企業出張レッスン、
3つのタイプのレッスンがあり、
10年で、50カ国およそ600人の学習者と
つながりを持ってきました。

在籍教師は約30名。
多様化する学習者に合わせ、
新しい教授法の習得や教師としての成長のため、
勉強会も定期的に開催しています。


●地球っ子教室

日本語ができることが当たり前じゃないということ
"地球っ子教室は子どもたちの未来を日本語で支えています"

親に連れられて来日し、
突然日本の学校に通うことになった外国につながる子どもたちに、
無料で学習日本語の指導と支援をしています。

現在は、土曜教室、夏休み・春休み教室を
常時開催しています。

日常会話を身につけるのは早い彼らにとっても、
日本語で行なわれる学校の授業を理解し、
学習についていくのは大変です。

言葉の壁によって、
子どもたち本来が持っている能力が
十分活かされないとしたら、
将来の日本社会にとってもマイナスに違いありません。

子どもたちが自信を持って、
自分の夢を叶え、
やがて日本の社会を担う一人となれるよう
私たちは活動しています。

特に日本で高校や大学に進学し、
生活していくために欠かせない
読解力習得のための指導や支援に力を入れています。
これは日本語の勉強だけでは習得できません。
教室の友だちや先生、大学生ボランティアとの触れ合いからも
たくさん学んでほしいと思います。

子どもたちが“なんだか毎週土曜日に行ってみたくなる"
「地球っ子教室」がそんな場であるよう願っています。


●多文化交流活動

異文化理解・多文化共生をめざし
設立以来さまざまな交流イベントを開催してきました。

近年は中心となる活動は休止しています。
今までとは違った視点から
異文化理解・多文化共生を実現するための一歩を進めるために
準備中です。